メンバー紹介

山本 吉秀

研究員

山本 吉秀

Yoshihide Yamamoto

1961年8月、東京生まれ。
1985年東京大学経済学部を卒業後、三菱化成工業(株)(現:三菱ケミカル(株))に入社。米国モンサントとの合弁会社(三菱モンサント化成(株))に出向し人事勤労部門に約4年間従事した後、三菱化成(株)人事部でバブル期に新卒採用を担当した。社内ローテーション制度の設計を担当、93年自ら希望して医薬部門に異動した。94年より4年間、近畿・北陸地区で免疫・アレルギー領域での学術・営業活動に従事し、年間100回を超す説明会も経験。98年からは本社で循環器、免疫チームのプロダクトマネジャーを経験した。99年東京田辺製薬との合併(三菱東京製薬(株))、2001年ウェルファイドとの合併(三菱ウェルファーマ(株))、07年田辺製薬との合併(田辺三菱製薬(株))と、3回の製薬企業の合併業務を経験。その間一貫して流通企画・営業企画部門を担当している。09年ノーベルファーマ(株) に転職し、営業部門で自販体制を構築。資本提携先の(株)メディパルホールディングスの窓口として同社との営業連携を強化した。18年7月からはメディパル社に出向し事業開発部門での業務に従事した。19年4月にノーベルファーマに復職、現在社長室長(メディカルアフェアーズ部門統括)と海外営業本部長を兼務している。

当研究会には2010年から参画。研究会を通じた発信の中で、ここ数年下記の点について関心がある。(ご意見アドバイスお待ちしています。ご連絡は、こちら。)


  1. 高齢者に多いPoly Pharmacy(多剤投与)の原因であるMulti Morbidity(多疾患)に対し、「臓器別治療=“足し算の治療”」から「全人的治療=患者・家族が望むQOLを目指す“引き算の治療”」に移行できないか(Big dataの活用)の検討すること。患者や家族の網膜に映る像(絶望、不安、希望)を理解し寄り添う医療を、ICT等を使い実現すること。
  2. 「広義のDrug Delivery System:製薬(原材料製造→製剤→包装→出荷判定)→卸→医療機関・薬局→投与→患者の体内での体内動態・薬物輸送→患部で効果発現」の流れを繋げ、トータルに品質を保持するための社会的システムの構築と事業化(IoT・自動認識システムの利活用)を実現すること。

神奈川県横浜市に在住。
趣味は音楽・読書・応援(学生時代応援部所属、特に苦境に陥った仲間を励ますこと)。