メンバー紹介

廣木 康晴

研究員

廣木 康晴

Yasuharu Hiroki

1960年1月、東京都生まれ。
國學院大学経済学部卒業後、エスエス製薬入社、OTC営業を経験後、1986年日本アップジョン社MR、営業所長を経験する。1996年ファルマシア&アップジョン社 営業推進企画マネージャーの後、流通政策部門で全国の医薬品卸とのBtoB取引関連業務を以後20年以上従事することになる。2001年ファルマシア社 営業推進部次長 日本モンサント社との統合と新会社の流通戦略と割戻体系の再構築。2003年ファイザー社 流通政策企画担当部長、2007年グラクソスミスクライン社 流通政策部部長 機能別割戻体系の構築とスペシャリティ医薬品の流通効率化を推進。

2015年エンサイス社 シニアエグゼクティブダイレクター 製薬メーカーニーズに対応した流通コンサルティング活動。2018年ノバルティスファーマ社 オンコロジー事業本部 流通戦略グループ担当部長、2019年株式会社廣起設立とともに代表取締役会長に就任し流通コンサルタントを兼任。

各種研究会活動

  • サプライチェーンロジステックス研究会 研究員
  • スペシャリティ医薬品研究会 代表

雑誌投稿、レポート執筆活動

  • サプライチェーンロジステックス研究会 研究員
  • 国際医薬品情報誌「流通イノベーションへの挑戦」2016年3回シリーズ掲載
  • 国際医薬品情報誌「2018年度薬価改定の影響度について」2018年5月掲載
  • 国際医薬品情報誌「スペシャリティ医薬品市場の流通モデルを考える」2018年11月掲載