メンバー紹介

小林 弘悦

研究員

小林 弘悦

Hiroyoshi Kobayashi

北陸の雪深い田舎で中学に通う頃、“いずれ食糧危機が訪れるだろう”という近未来予測に触れ、なんとか回避する方法はないかと考えました。応用微生物学に活路を見出し、大学は農学部農芸化学科へ。応用微生物学研究室に入り込んだものの、卒業論文テーマで医薬品スクリーニング試験を行っているうちに、患者さんの命を救う薬の世界に感動し、あっさり方向転換。1980年、医療用医薬品メーカーに就職しました。

外資→内資→外資→外資→外資と環境を変え、MR・営業所長・プロダクツマネージャーなど自己研鑽に励んでいたら光陰矢の如し、40年以上が経っていました。波多きサラリーマン生活の中で、記憶に残る出来事をあげろと言われれば、マーケティングプランナーを担っていた際、業界が「建値制」に移行。「再販価格維持」が特殊であると判断し、医薬品流通がダイナミックに変化すると確信!これをキッカケに流通業務を切望し、以降その医薬品流通の道をまっしぐらに突き進んできました。キリン医薬カンパニーでは、ゼロからの自販体制づくり。クリニジェンやムンディファーマでは、短期間で流通網を構築。医薬品流通のハードな局面を体験させてもらえ、(自分で言うのもナンですが…)この分野では高い経験値を有しています。

仕事以外では、ドライブ、ゴルフ、スイミングが趣味で、ビールを飲むのが日課、そして昔からオシャレも大好きです。

SCL研究会には2013年から研究員として参加させていただき、会員各位から多くの刺激を受けております。これからも何卒宜しくお願いいたします。